北海道

北海道休業協力・感染リスク
低減支援金のご案内

オンライン申請

申請に必要な
書類一覧

事業者が必要な書類

営業の実態が確認できるもの

対象期間より前から継続して営業していることを確認できるもの。 直近の確定申告書(法人の場合は別表1、個人事業者の場合は第1表(※個人番号を塗りつぶしたもの)) の本人控えの写し

【上記の書類がない場合は、次のいずれかの書類を提出してください】

  • ・ 設立後間もないため、決算期や申告時期を迎えていない場合は、法人設立届出書の本人控えの写し又は個人事業の開業・廃業等届出書の本人控えの写し
  • ・ 直近の月末締の現金出納帳や売上帳・仕入帳、施設の賃貸借契約書(施設を借りて運営している場合)の写しなど、休業等の要請時点の営業実態がわかる資料

対象施設の運営に当たり、法令等が求める営業に必要な許可等を取得していることがわかる書類(飲食店営業許可、酒類販売業免許、古物商許可など)の写し
※ 営業許可等が必要ない業種を営業している施設は上記書類は不要です。

感染リスクを低減する自主的な取組が確認できるもの

「感染リスクを低減する取組」が確認できるもの

休業の場合

営業再開に向けて、感染リスクを低減する自主的な取組内容が記載された文書または店頭告知チラシ(掲示物)、自社ホームページ等のいずれかで、それらをコピーしたものやそれらを撮影した写真

  • ・ 既に行っていた取組で、営業再開後も継続して行う取組
    【例:席の間隔を間引きした店内の写真】
  • ・ 営業再開後に新たに行う取組
    【例:営業再開時に向けて、店頭に貼るために作成する掲示物などの写し】

酒類の提供時間短縮の場合

休業等の要請期間開始時に行った、感染リスクを低減する自主的な取組内容が記載された文書または店頭告知チラシ(掲示物)、自社ホームページ等のいずれかで、それらをコピーしたものやそれらを撮影した写真
【例:店頭に、「感染予防のため、従業員はマスクをして対応します。」等の内容が記載された掲示物を貼った写真】

通帳の写し

・ 口座名義人、口座番号、口座種別、金融機関名、支店名がわかるページの写し

事業者(個人事業主のみ)に必要な書類

本人確認書類の写し

・ 申請者本人の身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証など)の写し

店舗毎に必要な書類

業種・業態が確認できるもの

次のいずれかのもの

  • ・ 施設の宣伝チラシ、ホームページ、広告等の写し
  • ・ 申請する対象施設ごとの外観(社名や店舗名入り)及び内景がわかる写真

休業等の状況が確認できるもの

  • ・ 対象期間中に休業する(していた)こと、酒類の提供時間を短縮する(していた)ことがわかる店頭告知チラシ(掲示物)やメニュー、それらが入った施設の写真、自社のホームページの写しなど
  • ・ 施設の一部(一区画)を休業した場合は、その状況がわかる資料(写真や見取図等)

オンライン申請